≫ EDIT

ヴェステロース映画祭で最優秀撮影賞!

Vasteras_Best_Photography.jpg

 少し前のことになりますが、『アルビノの木』
スウェーデンの都市ヴェステロースで9月16-24日に開催された
Västerås Filmfestival 2017(ヴェステロース映画祭)国際部門 にて
最優秀撮影賞を受賞しました。

「視覚的表現のあらゆる面を丁寧に考慮し焦点が当てられた傑出した映像」
と、審査員より評価して頂きました。
同賞は、2015年に『ウォーターボーイズ』『濱マイクシリーズ』などのカメラマン
長田勇市さんが短編『GOOD YEAR』(林海象監督/永瀬正敏主演)で受賞
しており、『アルビノの木』は日本人2人目の最優秀撮影賞受賞、
長編日本映画としては同映画祭初の受賞だそうです。

fjmovie.com による受賞記事

Vasteras Film Festival 公式HP
(ページ上のTÄVLING→VINNARE2017 に、顔写真入りで掲載)
award_photo.jpg

ポルトガルに続いての受賞、本作に関わって下さった皆さま、
重ねて有難うございます。
もう一息、『アルビノの木』の海外映画祭での挑戦は続きます。
国内劇場での上映も、年明けてからまた再開される予定です。
詳細決定次第、発表いたします。


そして下記、11月の上映スケジュールです。

***************************************************

『水の足跡』(2013年/30分)

逗子アートフェスティバル関連企画・小坪路地展にて野外上映

会場:小坪天王浜跡 神奈川県逗子市小坪4丁目4-11
   ※鎌倉駅からバスで約10分
   (当日土曜は逗子マリーナ行きバスを利用で無料)
日時:11月4日(土)、5(日) 共に17時~
料金:参加無料 ※上映前ミニライブ演奏あり
運営:City Repair Day
主催:関東学院大学 相模湾・三浦半島アートリンクプロジェクト

postcard_front.jpg

postcard_rear.jpg
↑クリックすると拡大されます

***************************************************

『アルビノの木』(2016年/86分)

第21回うえだ城下町映画祭 にて招待上映

日時: 2017年11月18日(土)14:15~
会場:上田文化会館

映画祭上映作品:
11月18日(土)
<特集1:信州ゆかりの若手監督作品>
「君の名は。」(107分)監督:新海誠
「はらはらなのか。」(101分)監督:酒井麻衣(上映後舞台挨拶あり)
「アルビノの木」(86分)監督:金子雅和(上映後舞台挨拶あり)
「東京無国籍少女」(20分)監督:山岸謙太郎
「こんぷれっくす×コンプレックス」(24分)監督:ふくだみゆき

11月19日(日)
<特集2:家族>
「この世界の片隅に」(126分)監督:片渕須直
「モヒカン故郷に帰る」(126分)監督:沖田修一(上映後ゲストトークあり)
「湯を沸かすほどの熱い愛」(125分)監督:中野量太

ほか、自主制作映画コンテスト作品の受賞作上映や関連上映などあり

第21回うえだ城下町映画祭_チラシ表_re
第21回うえだ城下町映画祭_チラシ裏_re
↑クリックすると拡大されます

***************************************************

逗子での『水の足跡』上映は、ベルリン国際映画祭に毎作選出されている
映像作家・泉原昭人さん主宰の「ハンズボン映像展」による作品セレクト。
夜の漁港にスクリーンが張られての上映とのこと、楽しそうです。

そして、うえだ城下町映画祭は、過去に自主制作映画コンテストで3回賞を
授けて下さった、自分にとって最もご縁深い映画祭。
(また『アルビノの木』は上田のお隣・須坂で撮影、ゆえに「信州ゆかりの若手監督」
なのだと思います)
今回は晴れて一般枠での招待上映、お近くの方はぜひご来場ください!!

| 上映情報 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポルトガルの国際映画祭でグランプリ含む3受賞!

premios.jpg

 『アルビノの木 "The Albino's Trees"』 が長編劇映画部門でノミネート上映された
ポルトガルの国際映画祭 Figueira Film Art 2017(フィゲイラフィルムアート2017)
にて、グランプリである最優秀長編劇映画賞、そして最優秀監督賞最優秀撮影賞
の3賞を同時受賞しました。


「映画.com」 による受賞記事

ポルトガルの週刊誌/日刊ニュース "JORNAL TORNADO" による受賞記事

※クリックするとリンク先へ繋がります


11090946_897279867010859_79.jpg
同映画祭は8/28-9/3開催され、2(土)夜に Casino Figueira で授賞式、

CAE_Grande_auditório_169
翌3(日) Centro de Artes e Espectáculos 大ホールで受賞作再上映、

9_3.jpg
このプログラム表にあるように映画祭の大トリを飾ったようです。

award.png
自分は今回残念ながらスケジュールの都合がつかず
現地に行けなかったのですが、式の24時間ほど前に日本で受賞の報と、
ビデオメッセージの依頼を受けました。

↓そして審査発表用であろう生々しい受賞結果(映画祭FBより)。
21192850_661701380620199_3323417816690196801_n.jpg
21200545_661701297286874_8013126552623075752_o.jpg
1枚目の一番上に MELHOR LONGA FICCAO(最優秀長編劇映画賞)
下部に MEHOR REALIZADOR(最優秀監督賞)
2枚目に MEHOR FOTOGRAFIA(最優秀撮影賞)の作品が記載されてます。

21192855_661701203953550_366002454261295432_n.jpg
3枚目は本作と関係ないですがスペシャルメンション(賞外の激励賞)、
以上が同映画祭の全賞です。

program.png
全部門あわせ世界23ヶ国67作品がノミネート上映、
メインコンペティションとなる長編劇映画部門は10カ国15作品で競われました。
本年は分からないのですが昨年度は4,804作品のエントリーがあったそうです。

Centro_de_Artes_e_Espectáculos_169
↑映画祭会場。
ポルトガルでも有数のリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズ。


 撮影から3年、初一般上映から1年半、テアトル新宿での劇場公開から
1年以上経ちましたが、これを弾みに、もう一歩前進出来たらと思います。

そして何より、沢山ある反省点を踏まえて、国内外で活躍する偉大な先人や
知人友人たちに追いつけるよう、次の作品に取り組めたらと思います。

本作に携わってくれたスタッフ・キャスト、ロケ地関係皆さま、劇場・配給・宣伝
マスコミ関係各位、改めて有難うございます。



また、この受賞にちなんで 映画感想レビュー&考察サイト Cinemarche
かなり詳しい作品紹介を掲載してくれました。
こちらもぜひご一読ください。

| 未分類 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』がスウェーデンの映画祭で上映決定!

18194605_1309176605834330_460776343277437381_n.jpg

『アルビノの木』が、スウェーデンの都市ヴェステロースで
9月16-24日に開催される Västerås Filmfestival にて上映されます。

国際長編劇映画として公式上映
9月19日18:00~ City Biografen (メイン会場)にて。

nomination_logo.jpg

また、本作は 最優秀国際長編劇映画賞(Best International Feature Film)
最優秀俳優賞(Best Male Actor / ユク役:松岡龍平)・最優秀撮影賞(Best Photography)

の3部門にノミネートされてます。

長編劇映画プログラム
Feature-Films-Program-4.jpg
4ページ目に掲載↑

国際長編劇映画は、ポルトガル・スペイン・イギリス・ポーランド・ギリシャ
ブルガリア・マケドニア・イスラエル・アメリカ・アルゼンチン・韓国・日本
の12ヵ国から、18作品が選出。(ほかに北欧長編部門4作品)

『アルビノの木』は、中国・インド・アイルランド・ポルトガルに続き、
海外5カ国目の映画祭上映です。

9.jpg

Culturen.jpg
過去の同映画祭の様子↑

お近くの方は是非、ご来場ください。

| 未分類 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』須坂上映

須坂上映チラシ

 長野県須坂市で全体の6割を撮影した『アルビノの木』が、
撮影のちょうど3年後であるこの秋、須坂市の有志の皆さまによって
凱旋上映会をして頂きます。(※上の画像クリックすると拡大されます)

*************************************************

主催 「アルビノの木」須坂上映実行委員会
後援 須坂市・須坂市教育委員会

02_0611_02albino_main_01#939F

(1)「アルビノの木」コメンタリー上映会
日時 平成29年9月23日(土)
    開場18時 上映開始19時
会場 シルキー第1ホール
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,300円(前売り1,100円)
※ワンドリンクサービス
※前売り券近日発売予定

04_0611_04albino_still_re_03#EC66

(2)須坂ロケ映画「アルビノの木」上映会
日時 平成29年9月24日(日)
    開場9時30分 上映開始10時
会場 須坂市文化会館メセナホール(小ホール)
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,000円(前売り800円)
※前売り券近日発売予定

*************************************************

ALBINO_still09.jpg

趣旨と会場を変え、9/23(土)24(日)の2日間で2回上映。
主演の松岡龍平と共に、金子も上映に伺わせて頂きます。
最新情報は主催のFBをご覧ください。

05_0615_0614_albino_yuku_imamori_hiura_01#5740

インサート画像は全て須坂市内で撮影した本編カット。
須坂の大自然や建造物がふんだんに映ってます。
長野ロキシーで見逃した方も、リピーターの方も、ぜひご来場ください。

| 未分類 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』がポルトガルの映画祭で上映決定!

FFA_laurel.jpg

 『アルビノの木』の初劇場公開(テアトル新宿)から、間もなく一年です。
今年に入ってからは、インド・アイルランドの映画祭、
そして広島・京都・大阪・長野・松本・横浜・菅平・逗子の映画館、
及びにイベントでの上映が切れ目なく続いてきました。

ここで少し間を空けつつ、8月以降~11月までいくつかの上映が決まり
始めてます。
その中のひとつとして、ポルトガルで開催の国際映画祭
Figueira Film Art - Festival de Cinema da Figueira da Foz
長編部門で、ノミネート上映されます。

上映日時:8月31日(木)22:00~
会場:Centro de Artes e Espectáculos 大ホール

ffa_program.jpg
↑作品紹介
ffa_program02.jpg
↑プログラム
Centro_de_Artes_e_Espectáculos_169
↑映画祭会場

海辺のリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズで開催される映画祭で、
第4回目のようですが、その起源は1972年と、だいぶ古くにあるようです。
上映時間がずいぶん遅いですが、この時期、ポルトガルの日没は22時。
会場はCentro de Artes e Espectáculos の大ホール、通常は
クラシックのコンサートなどに使われている場所みたいです。

CAE_Grande_auditório_169
Grande auditório(長編部門が上映される大ホール)

同部門他作品はスペイン・フランス・ギリシャ・アルゼンチン・ブラジル
ペルー・イスラエル・アメリカ・フィンランドよりセレクトされた14本。
アジアからは『アルビノの木』が唯一のノミネート(たぶん)。

11090946_897279867010859_79.jpg
↑過去のレセプションの様子

海外上映は中国・インド・アイルランドに次ぐ4か所目ですが、
これまでで最もヨーロピアンな雰囲気の映画祭と思われます。
在ポルトガルの方、もしもいらっしゃいましたら是非!

***********************************************************

そして少し古い作品ですが短編「失はれる物語」(2009年/34分)も、
8月4(金)~6(日)に富士五湖のひとつ、本栖湖で開催される
第3回湖畔の映画祭 で上映されます。

usinawarerure.jpg

野外上映も含む、夏フェス的なイベントのようで、カンヌ受賞の『淵に立つ』(深田晃司監督)
など、日本のインディペンデント映画が一挙に見れる機会のようです。

実は「失はれる物語」、重要なシーンを本栖湖で撮影してもいます。
原作は作家・乙一の映像化不可能といわれた短編小説。
上映機会の少ない作品なので、涼みがてら、是非お越し下さい!!

それぞれ、【News】に最新情報を更新します。
その他上映情報も決まり次第、追加しますのでチェックしてみて下さい。

| 未分類 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT