| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポルトガルの国際映画祭でグランプリ含む3受賞!

premios.jpg

 『アルビノの木 "The Albino's Trees"』 が長編劇映画部門でノミネート上映された
ポルトガルの国際映画祭 Figueira Film Art 2017(フィゲイラフィルムアート2017)
にて、グランプリである最優秀長編劇映画賞、そして最優秀監督賞最優秀撮影賞
の3賞を同時受賞しました。


「映画.com」 による受賞記事

ポルトガルの週刊誌/日刊ニュース "JORNAL TORNADO" による受賞記事

※クリックするとリンク先へ繋がります


11090946_897279867010859_79.jpg
同映画祭は8/28-9/3開催され、2(土)夜に Casino Figueira で授賞式、

CAE_Grande_auditório_169
翌3(日) Centro de Artes e Espectáculos 大ホールで受賞作再上映、

9_3.jpg
このプログラム表にあるように映画祭の大トリを飾ったようです。

award.png
自分は今回残念ながらスケジュールの都合がつかず
現地に行けなかったのですが、式の24時間ほど前に日本で受賞の報と、
ビデオメッセージの依頼を受けました。

↓そして審査発表用であろう生々しい受賞結果(映画祭FBより)。
21192850_661701380620199_3323417816690196801_n.jpg
21200545_661701297286874_8013126552623075752_o.jpg
1枚目の一番上に MELHOR LONGA FICCAO(最優秀長編劇映画賞)
下部に MEHOR REALIZADOR(最優秀監督賞)
2枚目に MEHOR FOTOGRAFIA(最優秀撮影賞)の作品が記載されてます。

21192855_661701203953550_366002454261295432_n.jpg
3枚目は本作と関係ないですがスペシャルメンション(賞外の激励賞)、
以上が同映画祭の全賞です。

program.png
全部門あわせ世界23ヶ国67作品がノミネート上映、
メインコンペティションとなる長編劇映画部門は10カ国15作品で競われました。
本年は分からないのですが昨年度は4,804作品のエントリーがあったそうです。

Centro_de_Artes_e_Espectáculos_169
↑映画祭会場。
ポルトガルでも有数のリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズ。


 撮影から3年、初一般上映から1年半、テアトル新宿での劇場公開から
1年以上経ちましたが、これを弾みに、もう一歩前進出来たらと思います。

そして何より、沢山ある反省点を踏まえて、国内外で活躍する偉大な先人や
知人友人たちに追いつけるよう、次の作品に取り組めたらと思います。

本作に携わってくれたスタッフ・キャスト、ロケ地関係皆さま、劇場・配給・宣伝
マスコミ関係各位、改めて有難うございます。



また、この受賞にちなんで 映画感想レビュー&考察サイト Cinemarche
かなり詳しい作品紹介を掲載してくれました。
こちらもぜひご一読ください。

| 未分類 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』がスウェーデンの映画祭で上映決定!

18194605_1309176605834330_460776343277437381_n.jpg

『アルビノの木』が、スウェーデンの都市ヴェステロースで
9月16-24日に開催される Västerås Filmfestival にて上映されます。

国際長編劇映画として公式上映
9月19日18:00~ City Biografen (メイン会場)にて。

nomination_logo.jpg

また、本作は 最優秀国際長編劇映画賞(Best International Feature Film)
最優秀俳優賞(Best Male Actor / ユク役:松岡龍平)・最優秀撮影賞(Best Photography)

の3部門にノミネートされてます。

長編劇映画プログラム
Feature-Films-Program-4.jpg
4ページ目に掲載↑

国際長編劇映画は、ポルトガル・スペイン・イギリス・ポーランド・ギリシャ
ブルガリア・マケドニア・イスラエル・アメリカ・アルゼンチン・韓国・日本
の12ヵ国から、18作品が選出。(ほかに北欧長編部門4作品)

『アルビノの木』は、中国・インド・アイルランド・ポルトガルに続き、
海外5カ国目の映画祭上映です。

9.jpg

Culturen.jpg
過去の同映画祭の様子↑

お近くの方は是非、ご来場ください。

| 未分類 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』須坂上映

須坂上映チラシ

 長野県須坂市で全体の6割を撮影した『アルビノの木』が、
撮影のちょうど3年後であるこの秋、須坂市の有志の皆さまによって
凱旋上映会をして頂きます。(※上の画像クリックすると拡大されます)

*************************************************

主催 「アルビノの木」須坂上映実行委員会
後援 須坂市・須坂市教育委員会

02_0611_02albino_main_01#939F

(1)「アルビノの木」コメンタリー上映会
日時 平成29年9月23日(土)
    開場18時 上映開始19時
会場 シルキー第1ホール
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,300円(前売り1,100円)
※ワンドリンクサービス
※前売り券近日発売予定

04_0611_04albino_still_re_03#EC66

(2)須坂ロケ映画「アルビノの木」上映会
日時 平成29年9月24日(日)
    開場9時30分 上映開始10時
会場 須坂市文化会館メセナホール(小ホール)
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,000円(前売り800円)
※前売り券近日発売予定

*************************************************

ALBINO_still09.jpg

趣旨と会場を変え、9/23(土)24(日)の2日間で2回上映。
主演の松岡龍平と共に、金子も上映に伺わせて頂きます。
最新情報は主催のFBをご覧ください。

05_0615_0614_albino_yuku_imamori_hiura_01#5740

インサート画像は全て須坂市内で撮影した本編カット。
須坂の大自然や建造物がふんだんに映ってます。
長野ロキシーで見逃した方も、リピーターの方も、ぜひご来場ください。

| 未分類 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』がポルトガルの映画祭で上映決定!

FFA_laurel.jpg

 『アルビノの木』の初劇場公開(テアトル新宿)から、間もなく一年です。
今年に入ってからは、インド・アイルランドの映画祭、
そして広島・京都・大阪・長野・松本・横浜・菅平・逗子の映画館、
及びにイベントでの上映が切れ目なく続いてきました。

ここで少し間を空けつつ、8月以降~11月までいくつかの上映が決まり
始めてます。
その中のひとつとして、ポルトガルで開催の国際映画祭
Figueira Film Art - Festival de Cinema da Figueira da Foz
長編部門で、ノミネート上映されます。

上映日時:8月31日(木)22:00~
会場:Centro de Artes e Espectáculos 大ホール

ffa_program.jpg
↑作品紹介
ffa_program02.jpg
↑プログラム
Centro_de_Artes_e_Espectáculos_169
↑映画祭会場

海辺のリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズで開催される映画祭で、
第4回目のようですが、その起源は1972年と、だいぶ古くにあるようです。
上映時間がずいぶん遅いですが、この時期、ポルトガルの日没は22時。
会場はCentro de Artes e Espectáculos の大ホール、通常は
クラシックのコンサートなどに使われている場所みたいです。

CAE_Grande_auditório_169
Grande auditório(長編部門が上映される大ホール)

同部門他作品はスペイン・フランス・ギリシャ・アルゼンチン・ブラジル
ペルー・イスラエル・アメリカ・フィンランドよりセレクトされた14本。
アジアからは『アルビノの木』が唯一のノミネート(たぶん)。

11090946_897279867010859_79.jpg
↑過去のレセプションの様子

海外上映は中国・インド・アイルランドに次ぐ4か所目ですが、
これまでで最もヨーロピアンな雰囲気の映画祭と思われます。
在ポルトガルの方、もしもいらっしゃいましたら是非!

***********************************************************

そして少し古い作品ですが短編「失はれる物語」(2009年/34分)も、
8月4(金)~6(日)に富士五湖のひとつ、本栖湖で開催される
第3回湖畔の映画祭 で上映されます。

usinawarerure.jpg

野外上映も含む、夏フェス的なイベントのようで、カンヌ受賞の『淵に立つ』(深田晃司監督)
など、日本のインディペンデント映画が一挙に見れる機会のようです。

実は「失はれる物語」、重要なシーンを本栖湖で撮影してもいます。
原作は作家・乙一の映像化不可能といわれた短編小説。
上映機会の少ない作品なので、涼みがてら、是非お越し下さい!!

それぞれ、【News】に最新情報を更新します。
その他上映情報も決まり次第、追加しますのでチェックしてみて下さい。

| 未分類 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』GWまでの上映情報


人物紹介_m
↑登場人物表をイラストレーター・フクイヒロシさんが描いて下さいました。
 クリックすると拡大されます。


この春は『アルビノの木』国内各地劇場での上映が続きますので、
以下順番に列挙します。

**********************************************************

横川シネマ 
日時: 2017年3月15日(水)~21日(火)の1週間上映
◆連日17:00~上映

※イベント情報
3/18(土)上映後 青原さとしさん(ドキュメンタリー映像作家『土徳流離』など)
×金子雅和 トークショー
3/19(日)上映後 金子雅和 舞台挨拶

P_20170228_100626.jpg

**********************************************************

京都みなみ会館
日時: 2017年4月15日(土)~21日(金)の1週間上映 
◆15(土)・16(日) 14:15~上映
 ※共に上映後イベントあり(30分予定)
◆17(月)~21(金) 18:40~上映

※イベント情報
15日(土)上映後 佐伯剛さん(雑誌「風の旅人」編集長)
×金子雅和 トークショー
16日(日)上映後 千松信也さん(猟師 著作「ぼくは猟師になった」など)
×金子雅和 トークショー

kyoto_osaka.jpg
↑クリックで拡大されます

**********************************************************

十三シアターセブン
日時: 2017年4月15日(土)~21日(金)の1週間上映 
◆15(土)~20(木) 18:20~上映
 ※15,16はイベントあり(30~40分予定)
◆21(金) 15:35~上映

※イベント情報
15日(土)上映後 米澤里美さん(なにわホネホネ団副団長)
×西尾孔志さん(映画監督『函館珈琲』など)×金子雅和 トークショー
16日(日) 上映後 前田和紀さん(映画プロデューサー『ソウルフラワートレイン』など)×金子雅和 トークショー
米澤里美PF
米澤里美さん

西尾孔志PF
西尾孔志監督

**********************************************************

松竹相生座ロキシー
日時: 2017年4月29日(土)~5月12日(金)の2週間、連日2回上映
◆①10:50~ ②16:00~

※イベント情報
29日(土)各回上映後 松岡龍平(俳優)×金子雅和による初日舞台挨拶 

nagano.jpg

**********************************************************

松本CINEMAセレクト
会場: まつもと市民芸術館
日時: 2017年5月3日(水・祝)
◆10:30~1回上映

※イベント情報
金子雅和による舞台挨拶 

matsumoto.jpg

**********************************************************

そして5月末には横浜シネマ・ジャック&ベティでの公開も決定してます。
各劇場、須坂市観光協会(長野県須坂市)などで全国共通特別鑑賞券(1,300円)が発売中

詳細は各劇場HP、及びに『アルビノの木』公式HP上映情報をご覧ください。

各地皆さま、ぜひ劇場へご来場下さい!!

人物相関図_m
↑同じくフクイヒロシさんによる相関図です。
 クリックすると拡大されます。

| 未分類 | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT