| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『アルビノの木』撮影日誌

 昨年晩夏~秋に撮影し、現在編集作業中の長編映画『アルビノの木』。
その撮影中の様子を、スタッフがコンデジ写真で撮ってくれていたので、
現場時の記憶をたよりに先月1日1回、計14回に分けてツイッターに書いてみました。

それら撮影日誌を、まとめて下記に掲載します。
※顔が判別出来ない写真だけを使ってます。
完成はまだ先ですが、何となく作品の雰囲気が伝われば、と思います。


【撮影1日目】
天気予報を覆して快晴の信州。
朝5時30分頃現場入り、駅内にてエキストラ込みカットでクランクイン。
その後、電車内・農道・農家で撮影、23時頃終了。
写真は、収穫直前の稲田で導線の確認中、手前は地元農家の方たち。
0913.jpg


【撮影2日目】
快晴。
夜明け前、標高2000mに迫る峠現場へ。
雲の中の高さ故か強風吹き、9月中旬でも恐ろしい寒さ。
午後は町へ下り役場で撮影するも盆地気候で暑く、
体感温度差30度ほどで頭痛が・・・。
写真は、夜明け直後の峠。
0914.jpg


【撮影3日目】
晴れ時々曇り。
丸1日病院内撮影で少し楽と思いきや、
エキストラ捌きと雨降らしカットでてんやわんや。
前日夜に地元の方たちが作ってくれた美味地産食材の数々が、
この日の昼食にも出て嬉しい。
写真は、病室シーン撮影中。
0915.jpg


【撮影4日目】
晴れ時々曇り。
再び夜明け前に2000m至近の峠へ着。
そして県境を越えて一般車輌進入禁止のロケ地へ。
荒れた山道を下りながら撮影。
写真は、先陣を切って歩く助監督、監督補、なぜかBダッシュ中のメイクさん。
0920_21_22_1.jpg


【撮影5日目】
晴れ時々曇り。
今日も夜明け前に峠着。
いざ県境向こうへ出発時に車が悪路に嵌まり動けなくなるも、
たまたま朝焼けを見に来てた方のジャッキ技術に救われる。
写真は、車輌と徒歩でロケ地へ向かう様子。
※車輌は要入山許可。
0920_21_22_2.jpg


【撮影6日目】
快晴。
真っ暗なうちに山深きロケ地入り、夜明け狙いで撮影開始。
その後、沢・樹林へと移動、日没直前終了。
移動中に制作部がクマ目撃、要注意エリア。翌日にはイノシシも・・・。
写真は、この日のが無くて、4日目の様子。
0920_21_22_3.jpg


【撮影7日目】
快晴。
峠ロケ地の山ひとつ向こうにある、やはり標高2000メートルの高原へ。
ここまでで一番撮影分量が多い日で、かつ笹薮の中の足場悪さから、
蓄積した疲労が極限に。
写真は、山小屋ロケセットの美術飾り込み中の様子。
0923.jpg


【撮影8~9日目】
晴れのち大雨。
夜明け頃、東北の秘湯駐車場へ到着、
約40分の険しい山道を荷を背負って移動、終日川の中で撮影。
台風接近で9日目午後から大雨、水温も低く
キャストの体が冷え切り演技続行不可能に。
写真は、赤い川。
1004_05.jpg


【撮影10日目】
快晴の西上州。
携帯の電波届かぬ集落で、地元の方たちの多大な協力のもと撮影。
写真は、ナイターシーン撮影中。
右下の川中で4時間ほど撮影したのちのラストカット。
しかしこのあと移動して、撮影は翌朝まで続く・・・。
1010.jpg


【撮影11日目】
快晴。
10日目の撮影が日を跨いで朝終わり、隣村へ移動し小休憩後、
木工職人さんの工房をお借りして撮影。
不眠によりスタッフ間の言語コミュニケーションが瓦解。
写真は、工房内の様子。
本編ではライティングで夕方に。
1011.jpg


【撮影12日目】
快晴。
11日目の撮影終了後、信州へ移動。
一部スタッフが入れ替わり、早朝から川の源流部で撮影。
写真は、七色とも言える水場。
この場所は7月ロケハン時から11月素材撮影まで何回も訪れたが、
行く度に表情を変える。
1012.jpg


【撮影13日目】
曇りのち雨。
前週と同じく超大型台風接近につき、
10~13日目は撮影延期も検討されたが、ここまで奇跡的に快晴。
13でいよいよ降り出すも、濡れた路面が良いアクセントに。
写真は、地元猟友会の方たちの出演シーン。
1013.jpg


【撮影14~15日目】
快晴。
台風の影響で中断した10日目と、撮り切れなかった12日目の再挑戦。
夜明け前東北入り、川中の格闘撮影後、信州へ430km移動、
夜中3時頃着いて準備、翌日に突入・・・。
写真は、この場で携帯水没す。
1018_19.jpg


【撮影16~17日目】
快晴のち薄曇。
クランクイン時は暑かった信州も、紅葉を終え落葉始まり、
秋を通り越して冬の予感。
追撮等を消化し、いよいよ俳優部ラスト、1500mの高原でエキストラ込み撮影。
写真は、最終日スタンドイン中。
1025_26.jpg


 以上、一部の雰囲気だけですが『アルビノの木』撮影現場の写真でした。
このあと、11~12月に実景・素材撮影が繰り返され、1月から編集作業に入り、初夏完成予定です。
今後も編集の進行状況を、折を見て報告したいと思います。
写真は、最終日ロケ地の夜明け。
1026.jpg




| 制作状況 | 06:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文月

2013_ogushi_01.jpg

 先月、ロケハンで行ったある山の中。
かつてこの地に、2000人ほどの人間の営みがあったといいます。
歴史の持つ重みを感じながら、一帯を7時間ほどかけて歩きました。

こんな感じで、合間をみて地道に、新作準備を進めてます。
ちょっと長丁場になりそうです。


 話は変わりますがつい先日、昨年公開されていた映画
『ポエトリー』(イ・チャンドン監督)をDVDで見ました。

劇場公開時に見逃してしまって、ずっと気になっていた作品です。
原題は『詩』一文字だけ。
こっちのほうが、作品内容には相応しい気はします。

韓国映画の中で最も新作を楽しみにしている
イ・チャンドン監督の最新作、やはり深い深い余韻がありました。

個人的には圧倒的だった前作『シークレット・サンシャイン』
よりは若干、腑に落ちない点が散見したのですが(鑑賞力不足なだけかも)、
やはり同監督の自然と人間、世界の多様性を見つめる眼差しは
透徹で凄味があり、長尺を感じずに引き込まれました。

この作品が扱う主題は「他者に対する想像力」だと
自分は感じました。

全てを視覚化・明文化する欲望が渦巻いているような気がする昨今で、
「読む」「考える」「想像する」ことを促す作品を作るのは、
もはや大冒険なのかも知れません。
そんな映画を作り続ける勇気は、計り知れないものだと思います。

偉そうなことを書いてしまいましたが、自分もそういったことを
心がけて、新作に挑みたいです。

ポエトリー アグネスの詩 [DVD]ポエトリー アグネスの詩 [DVD]
(2013/01/26)
ユン・ジョンヒ、イ・デビッド 他

商品詳細を見る

| 制作状況 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逢瀬

 ゆうばりファンタ2013東京上映会(オーディトリウム渋谷)
での「水の足跡」上映、無事終了しました。
ご来場のお客様、関係者各位、有難うございました。

昨年9月末のきりゅう映画祭での初発表を皮切りに、
しばらく上映が続いてましたが、これで1つの区切りかと思います。


ところで、ちょうど一年前の今頃にプリプロをしていて、
4月に長野県上田市をメインロケ地として撮影した「逢瀬」という
作品があるのですが、撮影後直ぐに桐生市製作の「水の足跡」が動き出し、
編集がストップしてました。
ですが昨年末から仕上げを再開し、遂に完成しそうな次第です。

逢瀬

関係者の皆さま、長らくお待たせしてすみません。。。
近々にて、連絡します。

一般的な上映はまだまだ先になるのですが、何か決まったら
こちらに書きたいと思います。

| 制作状況 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桐生

 7月末~8月に群馬県桐生市・みどり市で撮影してました
短編映画『水の足跡』が無事、クランクアップしました。

mizu_up.jpg
写真は、強烈なスコールのために出てしまった
小さな撮りこぼしシーンのための、追加撮影終了後のオールアップ模様。
(※「きりゅう映画祭」FACEBOOKより拝借しました写真です)


桐生青年会議所が製作している映画で、9月22日・23日に
開催される「きりゅう映画祭」が初お披露目となります。

なので現在仕上げ中、また詳細追って載せます。

| 制作状況 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮終

 長らく更新出来ませんでしたが、撮影終了しました。

今までにない状況の現場、
限りある様々な要因の中で、強引に最後まで進めざるを得ない部分もあり、
ご迷惑おかけしてしまったことも多々あり、猛省中です。

ご協力・ご尽力頂いた沢山の方たちへの感謝の気持ちを
忘れずに、仕上げ作業に入っていきます。

| 制作状況 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT