2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ぐるぐる

 冬季オリンピックのスケートで、お客さんから投げられる
オレンジ色のチェブラーシュカがとても気になります。

チェブラーシュカは哀愁漂う音楽と、
まるっきり教訓のないストーリーが大好きです。
数年前に観たっきりですが、せっかく寒い時期なので
もう1度観たいです。

そんなわけで、スケートでぐるぐるまわると
胸と背中に描かれた絵がアニメーションのごとく動いて見える、
みたいなコスチュームがあったらおもしろいのに。
と思ったりします。


 さて、最近読んだ漫画について書きます。

とみ新蔵著「鉄門海上人伝」

江戸時代中期、出羽に実在した極悪人「砂田の鉄」が殺人を犯し、
仏門に入り「鉄海門」と名を改め、滅私奉公の末、即身仏となるまでを
鉄を慕いつづけた女・志乃、鉄に親を殺され復讐に生きる男・新太郎を絡めつつ描いた作品。

「週刊女性」に1970年~に連載されていた漫画。
まさか女性週刊誌にこんな硬派な漫画が連載されていたなんて、
ちょっと信じられない様な真面目な漫画。
かといってツマラナイわけではありません。
平田弘史の弟として、兄の手伝いをしていただけあって、
絵がとても上手いです。

隧道掘削する僧の話というと、ジョージ秋山の
「青の洞門」が思い出されますが
僧の内面の葛藤をより描いたのが青の洞門。
僧を中心とした廻りの俗人たちを描いたのが鉄門海上人伝。
という感じでしょうか。


出羽の注連寺に行った事がある人なら、「鉄門海上人伝」
読んで後悔ないと思います。

鉄門海上人伝―愛朽つるとも (上巻) (レジェンドコミックシリーズ―とみ新蔵作品 (10))鉄門海上人伝―愛朽つるとも (上巻) (レジェンドコミックシリーズ―とみ新蔵作品 (10))
(2006/07)
とみ 新蔵

商品詳細を見る

ku

| 日記 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |