PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

峠の犬

2011_08_01.jpg

 所用あり、峠から峠を移動していました。
するとある林道で、見知らぬ犬が突然走り出し…。
猛スピードで走り続ける犬に導かれるように辿り着いた
場所は、タルコフスキーの『ストーカー』のような世界でした。

2011_08_02.jpg
以前に富士山で猛烈に強い犬と遭遇したことがあるので
シバとはいえ侮れぬと思ってましたが、なぜかその後犬が現れることはなく。
 
雨露に濡れた草むらを掻き分け登り、まるで爆破されて滅んだ神殿のような
遺構を見ました。
2011_08_03.jpg 2011_08_04.jpg

戦中に弾圧・破壊された出口王仁三郎の「大本」総本山、
ひいてはそれをモデルにした高橋和己の小説『邪宗門』の終盤を
想起し、圧倒させられた次第です。

それにしても、この廃墟の横にスキー場をしれっと作る(それも廃墟化)
バブルの浮かれ様とは、途方もないものだったようです。

2011_08_06.jpg
立ち寄った日暮れの湖にてもパシャリ。


 これらの場所とは何の関係もないのですが、
来週はスタッフとして某撮影に参加します。

ジャンルは違えど、監督・出演者ともに表現者として
大きく世界に羽ばたいている人たちなので、
刺激になること、汲み取り学べることが沢山ありそうです。

監督いわく『砂の女』のごとき状況となりそうなのですが、
埋もれないよう、どうにか頑張りたいものです。
また折を見て書きます。

| 日記 | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinone02.blog54.fc2.com/tb.php/189-662ede37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT