PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北京国際映画祭・滞在2日目

beijing_01.jpg

<滞在2日目>
北京は地下鉄も便利で、東京とあまり変わらない雰囲気なので、
あっという間に慣れました。

beijing_15.jpg
ホテルの一階は、毎晩パーティが行われているオシャレな空間。

beijing_16.jpg
天気が良くて、気持ちいいです。

beijing_17.jpg beijing_18.jpg
上映スケジュールが書かれたボード。
お客さんたちが一所懸命見てました。
21日の日本と書いてあるのが、「アルビノの木」です。

beijing_19.jpg beijing_20.jpg
ポスターの「R」の文字あたりに、「アルビノの木」の画像。

beijing_21.jpg
昨日に引き続き、ボランティアのジョンマさん、
そして本日から合流、英語も得意なシンさん(広州出身)。

beijing_22.jpg beijing_24.jpg
故宮の西側の、胡同へ連れて行ってもらい、
雲南料理を食べました。
今回の旅の中で最も美味しかった食べ物です。

beijing_23.jpg
胡同はオシャレなお店も多く。
この鹿のお店は、バーだそうです。

beijing_25.jpg
さて、大学に戻ってきました。
北京電影学院は、チェン・カイコー、チャン・イーモウ、ジャ・ジャンクーなど
名だたる映画監督を輩出している、エリート映画大学です。

beijing_26.jpg
ここで、同部門の監督たちによるフォーラム(ディスカッション)が行われます。
トップの写真にあるように、イラン・イスラエル・グルジア・レバノン・中国・日本の
監督、プロデューサーが参加。5ヶ国語くらいが混じります。

beijing_27.jpg
各国において、新人監督が映画を作る上での苦労や意識など、
2時間以上討論が白熱。どこの国も、資金集めが大変なのは一緒みたいです。

beijing_28.jpg beijing_29.jpg
フォーラム後、みんなで北京風しゃぶしゃぶへ。ラム肉もあります。
例によって量がすごく、お腹いっぱいに。北京ビールも呑みました。

beijing_29_b.jpg
そのあと会場へ戻り、イランの監督の作品を途中から見たのですが、
力漲る映像に圧巻。
昨年の釜山国際映画祭・新人部門グランプリ作品とのこと。

同部門ノミネート作は、その概ねがカンヌ、ヴェネチア、ロカルノ、トロントなど、
世界主要映画祭で既に受賞・ノミネートされている作品ばかり・・・
クオリティが高いわけです。

翌日はいよいよ「アルビノの木」の上映です。
<続く>

| 未分類 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinone02.blog54.fc2.com/tb.php/264-7056a8a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。