FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋シネマ・ロサで『アルビノの木』凱旋上映決定!

2017_12_05.jpg
↑台湾・台中で12月に開催されたフォルモサ台湾国際映画賞で受賞した
最優秀アジア映画賞のトロフィー


 昨年にFBを始めてから、すっかりブログが疎かになってますが
今年は丸一年、『アルビノの木』上映の年でした。

昨年7月にテアトル新宿で初公開、それに先立ち
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、北京国際映画祭で正式上映、
そしてテアトルのあとは、名古屋・秋田・下関・広島国際映画祭と続き
昨年末でちょっと一息かな、と思っていたのですが、今年に入り

**********************************************************

1月 コルカタ国際文化映画祭(インド) 月間最優秀長編劇映画賞 を受賞
   中州大洋劇場(福岡)で公開
2月 ボーディサットワ国際映画祭(インド・パトナ)ノミネート上映
3月 シルクロード映画祭(アイルランド・ダブリン)ノミネート上映
   横川シネマ(広島)で公開
4月 シアターセブン(大阪)で公開
   みなみ会館(京都)で公開
   相生座ロキシー(長野)で公開
5月 松本シネマセレクト(長野)で上映
   横浜ジャック&ベティ(神奈川)で公開
6月 菅平森フェス(長野)で上映
7月 逗子シネマアミーゴ(神奈川)で公開
8月 フィゲイラフィルムアート(ポルトガル)で 最優秀長編劇映画賞
   最優秀監督賞 / 最優秀撮影賞
を受賞
9月 ヴェステロース映画祭(スウェーデン)で 最優秀撮影賞 を受賞
   メインロケ地・長野県須坂市で凱旋上映
10月 サンライト国際映画祭(ドイツ・ベルリン)で 特別賞 を受賞
11月 シネルファマ・リスボン国際映画賞で 最優秀音楽賞 を受賞
    うえだ城下町映画祭(長野)で招待上映
12月 コルカタ国際文化映画祭 ゴールデンフォックスアワードでノミネート上映
    フォルモサ台湾国際映画賞(台湾・台中)で 最優秀アジア映画賞
    審査員特別長編劇映画賞 / 審査員特別監督賞(※スペシャルメンション) を受賞
    オールヴィル映画祭(インド)でノミネート上映

**********************************************************

以上、国内外各地での上映が続きました。
そして海外ではこれまでに中国・インド・アイルランド・ポルトガル・スウェーデン・ドイツ・台湾の
7ヶ国でノミネート及びに上映され、グランプリも含む計10の賞を頂きました。
受賞の詳細については、【News】欄や、『アルビノの木』公式HPの上映情報WORLD
ご覧ください。

2017_12_01.jpg
スウェーデン・ヴェステロース映画祭から授けられた
最優秀撮影賞のトロフィー

2017_12_14.jpg
ドイツベルリン・サンライト国際映画祭で頂いた
特別賞の証明
2017_12_18.jpg
同映画祭はベルリン国際映画祭の
会場のひとつでもあるアーセナルで開催
2017_12_16.jpg
2017_12_15.jpg
2017_12_17.jpg
各国の受賞者たちと

2017_12_12.jpg
うえだ城下町映画祭のカタログなど
2017_12_11.jpg
2017_12_13.jpg
上映後の挨拶
自主映画コンテストで3回賞を頂いた、ご縁深い映画祭。
今回初めて、メインプログラムで上映して頂きました

2017_12_06.jpg
月間最優秀賞を頂いたコルカタ国際文化映画祭の
年間ベストを競うゴールデンフォックスアワードにノミネート
2017_12_07.jpg
主演・松岡龍平さん、その奥様・ちひろさんと参加。
彼らは3週間インド放浪したのちに合流
2017_12_08.jpg
2017_12_09.jpg
年間ベストは獲れませんでしたが、各国監督と交流。
そして個人的に約20年ぶりのインド訪問を満喫

2017_12_03.jpg
2017_12_04.jpg
フォルモサ台湾国際映画賞で、
主催者のマークさんよりトロフィーと賞状の授与
2017_12_02.jpg
最優秀アジア映画賞と、2つのスペシャルメンション
2017_12_10.jpg
2017_12_19.jpg
めちゃくちゃ温かい映画祭、
台湾に友達がたくさん出来ました

program.png


それらの海外評価をきっかけとして、来年4月、池袋シネマ・ロサにて
『アルビノの木』凱旋上映(2週間)+金子雅和監督特集上映(1週間)も決定いたしました。

**********************************************************

映画情報サイト cinefil の記事
日本映画専門情報サイト fjmovie.com の記事

**********************************************************

特集上映のほうでは、何と20年前の1998年に作った8mm処女作『AURA』から、
2000年の16mm劇場未公開作、初の長編『すみれ人形』、その後の短編6本と、
ほぼ金子の監督作すべてを網羅出来る内容となってます。

こういった英断をして下さったシネマ・ロサさんに感謝です。
ぜひ春は、『アルビノの木』ならびに過去作を大きなスクリーンでご覧ください!!

<全上映作品>

00_aura.jpg
『AURA』 1998年/11分
01_shotaro.jpg
『ショウタロウの涙』 2000年/30分
02_sumire.jpg
『すみれ人形』 2007年/63分
03_kagami.jpg
『鏡の娘』 2008年/18分
04_konagona.jpg
『こなごな』 2009年/10分
05_usinawareru.jpg
『失はれる物語』 2009年/34分
06_hukugensi.jpg
『復元師』 2010年/29分
07_ouse.jpg
『逢瀬』 2013年/36分
08_mizunoashiato.jpg
『水の足跡』 2013年/30分
01_0611_01albino_main_05#83A9
『アルビノの木』 2016年/86分


一年間、ありがとうございました。
本当にこの数年、『アルビノの木』の制作~上映にかかりっきりでした。
ですが来春のシネマ・ロサを大きな一区切りと考え、次の作品へ向けて
動き出してます。
今年はTVCMのスタッフや、企業セミナー撮影をやったりして
糊口を凌いできましたが、また映画が撮れたら、、、と願うばかりです。

映画を取り巻く環境も非常に厳しくはありますが、
次はあまり時間をおかず、新作を発表出来るよう、日々努力します。

| 未分類 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴェステロース映画祭で最優秀撮影賞!

Vasteras_Best_Photography.jpg

 少し前のことになりますが、『アルビノの木』
スウェーデンの都市ヴェステロースで9月16-24日に開催された
Västerås Filmfestival 2017(ヴェステロース映画祭)国際部門 にて
最優秀撮影賞を受賞しました。

「視覚的表現のあらゆる面を丁寧に考慮し焦点が当てられた傑出した映像」
と、審査員より評価して頂きました。
同賞は、2015年に『ウォーターボーイズ』『濱マイクシリーズ』などのカメラマン
長田勇市さんが短編『GOOD YEAR』(林海象監督/永瀬正敏主演)で受賞
しており、『アルビノの木』は日本人2人目の最優秀撮影賞受賞、
長編日本映画としては同映画祭初の受賞だそうです。

fjmovie.com による受賞記事

Vasteras Film Festival 公式HP
(ページ上のTÄVLING→VINNARE2017 に、顔写真入りで掲載)
award_photo.jpg

ポルトガルに続いての受賞、本作に関わって下さった皆さま、
重ねて有難うございます。
もう一息、『アルビノの木』の海外映画祭での挑戦は続きます。
国内劇場での上映も、年明けてからまた再開される予定です。
詳細決定次第、発表いたします。


そして下記、11月の上映スケジュールです。

***************************************************

『水の足跡』(2013年/30分)

逗子アートフェスティバル関連企画・小坪路地展にて野外上映

会場:小坪天王浜跡 神奈川県逗子市小坪4丁目4-11
   ※鎌倉駅からバスで約10分
   (当日土曜は逗子マリーナ行きバスを利用で無料)
日時:11月4日(土)、5(日) 共に17時~
料金:参加無料 ※上映前ミニライブ演奏あり
運営:City Repair Day
主催:関東学院大学 相模湾・三浦半島アートリンクプロジェクト

postcard_front.jpg

postcard_rear.jpg
↑クリックすると拡大されます

***************************************************

『アルビノの木』(2016年/86分)

第21回うえだ城下町映画祭 にて招待上映

日時: 2017年11月18日(土)14:15~
会場:上田文化会館

映画祭上映作品:
11月18日(土)
<特集1:信州ゆかりの若手監督作品>
「君の名は。」(107分)監督:新海誠
「はらはらなのか。」(101分)監督:酒井麻衣(上映後舞台挨拶あり)
「アルビノの木」(86分)監督:金子雅和(上映後舞台挨拶あり)
「東京無国籍少女」(20分)監督:山岸謙太郎
「こんぷれっくす×コンプレックス」(24分)監督:ふくだみゆき

11月19日(日)
<特集2:家族>
「この世界の片隅に」(126分)監督:片渕須直
「モヒカン故郷に帰る」(126分)監督:沖田修一(上映後ゲストトークあり)
「湯を沸かすほどの熱い愛」(125分)監督:中野量太

ほか、自主制作映画コンテスト作品の受賞作上映や関連上映などあり

第21回うえだ城下町映画祭_チラシ表_re
第21回うえだ城下町映画祭_チラシ裏_re
↑クリックすると拡大されます

***************************************************

逗子での『水の足跡』上映は、ベルリン国際映画祭に毎作選出されている
映像作家・泉原昭人さん主宰の「ハンズボン映像展」による作品セレクト。
夜の漁港にスクリーンが張られての上映とのこと、楽しそうです。

そして、うえだ城下町映画祭は、過去に自主制作映画コンテストで3回賞を
授けて下さった、自分にとって最もご縁深い映画祭。
(また『アルビノの木』は上田のお隣・須坂で撮影、ゆえに「信州ゆかりの若手監督」
なのだと思います)
今回は晴れて一般枠での招待上映、お近くの方はぜひご来場ください!!

| 上映情報 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポルトガルの国際映画祭でグランプリ含む3受賞!

premios.jpg

 『アルビノの木 "The Albino's Trees"』 が長編劇映画部門でノミネート上映された
ポルトガルの国際映画祭 Figueira Film Art 2017(フィゲイラフィルムアート2017)
にて、グランプリである最優秀長編劇映画賞、そして最優秀監督賞最優秀撮影賞
の3賞を同時受賞しました。


「映画.com」 による受賞記事

ポルトガルの週刊誌/日刊ニュース "JORNAL TORNADO" による受賞記事

※クリックするとリンク先へ繋がります


11090946_897279867010859_79.jpg
同映画祭は8/28-9/3開催され、2(土)夜に Casino Figueira で授賞式、

CAE_Grande_auditório_169
翌3(日) Centro de Artes e Espectáculos 大ホールで受賞作再上映、

9_3.jpg
このプログラム表にあるように映画祭の大トリを飾ったようです。

award.png
自分は今回残念ながらスケジュールの都合がつかず
現地に行けなかったのですが、式の24時間ほど前に日本で受賞の報と、
ビデオメッセージの依頼を受けました。

↓そして審査発表用であろう生々しい受賞結果(映画祭FBより)。
21192850_661701380620199_3323417816690196801_n.jpg
21200545_661701297286874_8013126552623075752_o.jpg
1枚目の一番上に MELHOR LONGA FICCAO(最優秀長編劇映画賞)
下部に MEHOR REALIZADOR(最優秀監督賞)
2枚目に MEHOR FOTOGRAFIA(最優秀撮影賞)の作品が記載されてます。

21192855_661701203953550_366002454261295432_n.jpg
3枚目は本作と関係ないですがスペシャルメンション(賞外の激励賞)、
以上が同映画祭の全賞です。

program.png
全部門あわせ世界23ヶ国67作品がノミネート上映、
メインコンペティションとなる長編劇映画部門は10カ国15作品で競われました。
本年は分からないのですが昨年度は4,804作品のエントリーがあったそうです。

Centro_de_Artes_e_Espectáculos_169
↑映画祭会場。
ポルトガルでも有数のリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズ。


 撮影から3年、初一般上映から1年半、テアトル新宿での劇場公開から
1年以上経ちましたが、これを弾みに、もう一歩前進出来たらと思います。

そして何より、沢山ある反省点を踏まえて、国内外で活躍する偉大な先人や
知人友人たちに追いつけるよう、次の作品に取り組めたらと思います。

本作に携わってくれたスタッフ・キャスト、ロケ地関係皆さま、劇場・配給・宣伝
マスコミ関係各位、改めて有難うございます。

また、この受賞にちなんで 映画感想レビュー&考察サイト Cinemarche
かなり詳しい作品紹介を掲載してくれました。
こちらもぜひご一読ください。

| 未分類 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』がスウェーデンの映画祭で上映決定!

18194605_1309176605834330_460776343277437381_n.jpg

『アルビノの木』が、スウェーデンの都市ヴェステロースで
9月16-24日に開催される Västerås Filmfestival にて上映されます。

国際長編劇映画として公式上映
9月19日18:00~ City Biografen (メイン会場)にて。

nomination_logo.jpg

また、本作は 最優秀国際長編劇映画賞(Best International Feature Film)
最優秀俳優賞(Best Male Actor / ユク役:松岡龍平)・最優秀撮影賞(Best Photography)

の3部門にノミネートされてます。

長編劇映画プログラム
Feature-Films-Program-4.jpg
4ページ目に掲載↑

国際長編劇映画は、ポルトガル・スペイン・イギリス・ポーランド・ギリシャ
ブルガリア・マケドニア・イスラエル・アメリカ・アルゼンチン・韓国・日本
の12ヵ国から、18作品が選出。(ほかに北欧長編部門4作品)

『アルビノの木』は、中国・インド・アイルランド・ポルトガルに続き、
海外5カ国目の映画祭上映です。

9.jpg

Culturen.jpg
過去の同映画祭の様子↑

お近くの方は是非、ご来場ください。

| 未分類 | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アルビノの木』須坂上映

須坂上映チラシ

 長野県須坂市で全体の6割を撮影した『アルビノの木』が、
撮影のちょうど3年後であるこの秋、須坂市の有志の皆さまによって
凱旋上映会をして頂きます。(※上の画像クリックすると拡大されます)

*************************************************

主催 「アルビノの木」須坂上映実行委員会
後援 須坂市・須坂市教育委員会

02_0611_02albino_main_01#939F

(1)「アルビノの木」コメンタリー上映会
日時 平成29年9月23日(土)
    開場18時 上映開始19時
会場 シルキー第1ホール
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,300円(前売り1,100円)
※ワンドリンクサービス
※前売り券近日発売予定

04_0611_04albino_still_re_03#EC66

(2)須坂ロケ映画「アルビノの木」上映会
日時 平成29年9月24日(日)
    開場9時30分 上映開始10時
会場 須坂市文化会館メセナホール(小ホール)
ゲスト 金子雅和(本作監督)松岡龍平(主演)
入場料 1,000円(前売り800円)
※前売り券近日発売予定

*************************************************

ALBINO_still09.jpg

趣旨と会場を変え、9/23(土)24(日)の2日間で2回上映。
主演の松岡龍平と共に、金子も上映に伺わせて頂きます。
最新情報は主催のFBをご覧ください。

05_0615_0614_albino_yuku_imamori_hiura_01#5740

インサート画像は全て須坂市内で撮影した本編カット。
須坂の大自然や建造物がふんだんに映ってます。
長野ロキシーで見逃した方も、リピーターの方も、ぜひご来場ください。

| 未分類 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。